学校の留年の仕組みとは

学校の成績について

部活

学校の留年について理解する

学校において、成績不良や長期欠席、病気療養などの理由によって進級や卒業をさせないことを留年といいます。正式には原級留置と呼ばれており、高校以上の場合は義務教育ではないため、成績が悪かったり、欠席日数があまりにも多い場合は原級留置になります。一方、義務教育に当たる小中学校の場合は、本人や保護者の意志で原級留置をすることが出来ます。原級留置をするにあたっては、事前に本人と保護者にその旨が伝達されます。しかし、あくまで本人の意志が尊重されるため、本人が原級留置を望まない場合はそのまま進級、卒業することになります。

留年しないためにはどうするか

学校を留年しないためにはどうすればいいでしょうか。大切なことはいろいろありますが、その一つは授業にきちんとついていけるようにすることです。授業中は先生の話されることにしっかりと耳を傾けましょう。授業の内容がよく理解できない、といった時にはそのままにしておくのではなく、必ず先生か理解している生徒に聞きましょう。そして、理解できたなら必ず家で復習するようにしましょう。さらに留年しないためには、特別な理由がない限り簡単に学校を休まないようにすることが大切です。こういったことをきちんと守って進級しましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の留年の仕組みとは. All rights reserved.