学校のグラウンドを有意義に使う

学校の使用方法とは

部活

学校のグラウンドの利用

学校は大きな敷地内にあり、半分以上はグラウンドの砂地になります。今回はそんなグラウンドにはどんな利用方法があるか紹介します。まずは、大前提として子供達が休み時間や放課後にサッカー等のスポーツをする事です。よくサッカーゴールが置かれている事を目にすると思います。次に、休日にリトルリーグやおじさん達の野球チームによって使用される事です。こちらは予約する為に、学校に申請を出さなければいけません。最後に災害が起こった時の避難場所になる事です。これより、地域の人々にとってこの場所はなくてはならない事が分かります。

グラウンド事情を学ぶ

学校のグラウンドは公立、私立によって差はありますが、風が吹けば砂埃が舞うような所が殆どではないでしょうか。ですが最近増では芝生を敷く所も増えていますが、メリットデメリットがあります。メリットは見た目が綺麗だという事と、転んでも芝がクッションになって痛くないという事です。ですがデメリットを上げれば手入れが大変だという事と、手入れによって芝がすぐに枯れてしまうという事です。学校によってはボランティアを募って柴の手入れをしているところもあり、人手も必要となります。ですが子供の脚には優しく、また砂埃が舞う事もないので衛生的とも言えるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の留年の仕組みとは. All rights reserved.